FC2ブログ

afrocubism
afrocubism.jpg




 キューバの躍動するリズムと西アフリカのマリから流れる旋律。
遡ること10数年、ライ・クーダーとヴィム・ヴェンダースが音楽がルーツに戻る過程をフィルムに収めようと一つのアイデアを思いつく。
 マリのミュージシャンをキューバに呼び、キューバのミュージシャンとセッションさせ一枚のレコードを作る。その過程をフィルムに収める。しかし直前になりマリのミュージシャンはキューバに来ることが出来なくなる。
考えた末に、ライ・クーダーはキューバの知られぬベテランの老ミュージシャンを集め生粋のラテン・アルバムを作り、ヴィム・ヴェンダースはその過程をフィルムに収めた。それが『ヴィエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』。
 
 そして2010年一枚のアルバムが完成する。『afrocubism』

実現出来なかった音楽の競演が収められたご機嫌なアルバム。
からりとした風通しの良い風景を想像させる、踊れて聴けるキューバとマリの音楽のミックス。

ご購入はこちら

スポンサーサイト

樽スピーカーLIVE PA

2010年
12月24日

クリスマスイブの日に、私の地元の商店街にある
イベントスペース楽間にて
ライブイベントを行いました。

その際ライブの音響を樽スピーカーでやらせていただきました。

手づくり感いっぱいな実に心のこもったイベントで
来ていたみなさんが和やかな気持ちで過ごしていた
良いイベントでした。

その場所で私は樽スピーカーで音響をセットし、演奏するミュージシャンが
気持ち良く演奏出来る様、そして遊びに来てくださったお客さんが
気持ち良く聴いていただける音。

そこだけに集中して音場を作らせて貰いました。
楽間 樽スピーカー


この場所は、音の鳴りも良く。しかし反響し過ぎづ。
今後もこの場所で音楽イベントをやっていくつもりなので
とても楽しみな感触を手に入れ、
僕にとっても樽スピーカーにとっても、とても有意義な一晩となりました。

品川神社 夕方


ご購入はこちらから

The speaker is humming.

good balance tube

レゲエ・ユニットでライブをしました。

毎回イベントを一緒に作っている友人がライブ音源に乗せて映像を作ってくれたのでこのブログに乗せます。

the speaker is humming.
thanks for sound.

next speaker's new setting.

PS:hot pepper is dengeurous.

Drop it by RIGHTEOUS

Drop it by RIGHTEOUS
不思議な感じのビデオ

lighteous
不思議な感じの写真

ユーモア・ミュージック
by SPIKE JONES & CITY SLICKERS - COCKTAILS FOR TWO - 1945

minote TSS-8 (taru-sound-system

最近、月に1度、第3土曜に千葉のユーカリが丘にあるカフェ珈琲工房K&YでDJをしています。
普段はコーヒー豆も売るカフェなのですが、その日だけは手づくり感いっぱいのイヴェントとなります。

the 3rd

スピーカーを自分で作るくらいですから、音楽を聴くのはかなり好きです。
レコードもかなり持ってます、CDはちょっと整理しないとなぁと思うほど持っています。

10年ほど前に恵比寿で毎週DJをしていた音楽仲間と久しぶりにDJ活動を再開してみて、10年ほどの間にそれぞれ個性的な音楽観が育っていて、毎回刺激を受けています。


先日その場所に、2斗の樽スピーカーを持っていって鳴らしてみました。
樽スピーカーを初めて見るお客さんの反応も様々で面白く。
大きな音で鳴らすと樽スピーカーもまた違った一面を覗かせるので音質のチェックも充分することが出来ました。

tss-8  in the 3rd

お客さんに帽子をかぶせて貰ってリラックスしている樽スピーカー。



販売もしております。

全て手作業で制作、また樽の入荷状況なども考慮して頂き、制作期間は約1ヶ月~2ヶ月とお考えください。
1斗樽(35×35 4Kg)平均価格45000円(スピーカーユニットの種類によって価格は変動致します。
2斗樽(45×45 8Kg)平均価格98000円(スピーカーユニットの種類によって価格は変動致します。

minote

ご購入はこちらから